6歳長男と1歳の男女双子を育てる、元でんき屋の夫とズボラ妻の共同ブログです。

男女双子(ミックスツインズ)のお揃い服~ワードローブ大公開!?~

こんにちは!長男+男女双子(次男・長女)の3児の母、makeです。
今回は、男女双子(ミックスツインズ)の衣服についてお話したいと思います。

我が家が双子を授かったと分かったのは、妊娠7週の時です。
言葉に表すことができないくらい幸せで、でも同時にうちの計大丈夫?と。


双子の肌着などは1.5人分あれば大丈夫という記事を読み、とにかく買いすぎてはいけないと、4年前長男が産まれた時に揃えたりもらったりした赤ちゃんグッズを点検して、在庫を把握しました。


結果から言うと、長男は初子かつ初孫だったためプレゼントなどで結構物がそろっているし、身に着ける物に関しては、差し当たって買い足す必要はないという結論に至りました。
妊娠7か月の時には、おそらく男女双子だろうと判明したのですが、当然ながら長男のお古は全て男児仕様。

改めて見返してみると、青や黒の服が多かったです。たまにある緑とか黄色とかの中間色を女の子に着せようかと思ったものの、産休に入って時間に余裕のあった私は、長男を保育園に送って行った後、リサイクルショップに向かっていました。

双子が新生児期を過ぎたら長男の保育園の送迎に連れて行くので、週5日外出の機会があります。

「今のままで足りる?否、長男の時も結構ウンチ漏れや乳吐きして着替えてたよね」

自分にそう言い聞かせて、女の子の60~70サイズのカバーオールを3着購入しました。
女の子の服、カワイイ!種類多い!!ウキウキしながら家に帰りました。

その後、双子が産まれて、低体重児だった長女も体重が増えて退院。

今考えると、この時に何かしらのスイッチが入ったのかもしれません。
産前は「肌着は家族しか見ないから、何でもいいよね」と思っていたのに、気が付けば1袋に2着入りとかの同じデザインの肌着を選り分けて着せていたのです。

服を着せる時に、お揃いがあれば優先的にそれを着せるように、ナチュラルに行動していました。


前置きが長くてすみません。

実は私は、『双子は二卵性だろうが性別が違おうが、(なるべく)お揃いを着ないといけない!』信者だったのです。

双子を出産するまでそんな考えが自分の中にあるなんて露知らず…双子が1歳半になる今もまだ、その洗脳から解き放たれていません(笑)
自分で着たいものを選ぶようになるまでの、親の特権だと思っております。

と言いつつ、資金に限りがある我が家では、双子が0歳の頃はお揃い服(リンクコーデ含む)は1シーズンに1セット位の頻度で購入していました。

0歳児クラスから保育園に通っていた長男のお下がりが、まあまあな数ありましたので。

購入したのは以下のような服です。

 

・0歳春

こちらは、出産祝いにいただいたものです。ブランド品ですので、普段使いはしていませんでした。

 

・0歳夏

babyGapで探し当てた、色違いの生地の女児トップスと男児半ズボンです。
それぞれの上下を同じ色で合わせたりしないと、お揃いっぽくならなかったです。

 

・0歳秋

西松屋で購入しました。次男は体格がいいので大き目サイズを選択。履きやすいズボンなのでヘビーローテーションしていました。

 

・0歳冬

再び西松屋で購入しました。コートはバラバラなので、室内でのみ視認可能でした。

 

1年以上、出先でベビー服売り場を探してネットも検索する日々でしたが、男女双子のお揃い服を見つけるのは難しく、男児用と女児用のデザインで全く同じ柄か色違いの服は、中々見つかりませんでした。

よくある白黒ボーダーでも、男児のボーダーはがっつり太めで、女児用のふわっとしたシルエットの服は細めのボーダーが多いなど、双子コーデ信者を納得させるには今一歩といったところ。

たまに同じ生地を使った男女リンクコーデを見かけても、普段使いは躊躇われるお値段だったり。

結局、ユニセックスかつシンプルな服の中間色を2枚、もしくは色違いを選ぶしかないことが多いです。

でも、世間には色んなデザインの安くてかわいい女児服がたくさんあるのに!

娘にはフリフリひらひらも着て欲しいのに!

いや、お揃いにこだわるからなんですけどね。


その服との出会いは、そんなジレンマを抱えた双子1歳の春でした。

めっちゃカワイイ!買いたい!!

でもお揃いの男児服なんて中々見つからないだろうし、買う意味ある?

でも買いたい!

それがこの服です。

BabyGAPで売られていたブロックチェックのガーリーなワンピースですが、そんなに目新しい柄でもデザインでもないですよね。うーん、一目惚れってこのことを言うんですネー。

ただ問題が一つ。

長女が新品の超絶キュートな(趣味じゃない方、すみません)ワンピースを着て、その横にいる次男は洗濯機に何度も揉まれたお下がり服を?

それは酷じゃない?私自身も次女で、すぐ下に長男である弟がいて、「お下がり」にはそれなりの思い出が…。

 

作ろう、と思いました。

お揃いのズボンをです。

多分、どうしてもお揃いを着せたかったんだと思われます。

実は、同じモール内にあるユザワヤに事前に立ち寄っていて、このワンピースの生地と似たようなピンク系の大きめブロックチェックのハギレが500円で売っているのを見かけていたのです。


あの布で作ったらお揃いジャン!

そう思って作ったズボンがこちらです。

見ての通り、配色とかブロックの大きさとか、結構違います。

まあでも、作った本人は満足していて、この夏によく着せていました。
ピンク系のズボンなので(次男ごめんね)上にネイビーのThe:男児なTシャツを着せていることが多かったです。

このズボンが、私が初めて制作したズボンです。

型紙や作り方をネットで検索して行きついたこのyoutubeチャンネルに、今もよくお世話になっています。

Baby&Kids Handmadeさんの「【型紙不要】子供のハーフパンツ」

動画と違い、裾を切り替えずに作ったので、動画より丈が短めになっています。

それまで、長男の保育園グッズも手縫いと購入でしのいできましたが、小学校に上がるにあたり、そろそろ本腰を入れようかと昨年秋にミシンを購入し、上履き入れなどを作ってみていました。

ただ、いかんせん初心者で時間がかかるし、市販品の方がカッコいいしーで、単発で終わっていました。

 

それが、このズボンを作ってからというもの、細々と服や小物を飽きることなく作るようになりました。
あれを作りたいこれを作りたいというアイデアが、無限ではないですが週2位で沸いてきたからです。

自分が作らないと、コスパのいい満足できる男女双子コーデを着せることができないことが、原動力になっているんだと思います。

もちろん、超初心者なので作品の出来は売り物と比べるべくもありませんが、自分で作ったものを子供達に着せただけで満足しております。

また、チマチマと作った男女双子のお揃い・リンクコーデを随時アップしていけたらと思っております。

 

以上、男女双子にお揃い服を用意するのは大変というお話を長々とさせていただきました。


ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございました!

スポンサーリンク