6歳長男と1歳の男女双子を育てる、元でんき屋の夫とズボラ妻の共同ブログです。

おもちゃ・知育玩具のサブスクを選ぶ3つのポイントとオススメ3社

お子さまにおもちゃを買ったのにすぐに飽きてしまって、おもちゃが無駄になった経験ってないでしょうか?

わが家も6歳になる長男とミックスツインズの3兄弟を子育てしていますが、こどもの興味はすぐに変わっていき、気がつけばおもちゃ専用の部屋ができるぐらい増えて困っています。

そんな悩みを解決できる「おもちゃのサブスク」、つまりおもちゃの定額レンタルサービスをご紹介いたします。

  • 買ったおもちゃをすぐに飽きてしまう
  • どの知育玩具を選べばいいかわからない
  • お家の中がおもちゃでごちゃごちゃしている

それでは、おもちゃ・知育玩具のサブスクを選ぶ3つのポイントとオススメ3社をご紹介いたします。

おもちゃのレンタルサービスを利用することで、お子さまの成長に合ったピッタリのおもちゃを手にでき、ごちゃごちゃしたおもちゃの悩みが解決できます。

最後までお読みください。

トイサブ!公式ホームページへ TOYBOX公式ホームページへ

キッズ・ラボラトリー公式ホームページへ

スポンサーリンク

おもちゃのサブスクとは

毎月定額でおもちゃ・知育玩具をレンタルできるサービスのことです。

約3ヶ月~8歳くらいのお子さまの月齢にあったおもちゃや知育玩具が届き、レンタルなので気に入らなければ返品し、違うおもちゃと交換することができます。

おもちゃのサブスクを選ぶ3つのポイント

おもちゃのサブスクの概要がわかったところで、おもちゃのサブスクを選ぶうえで重要なことを解説していきます。

  • おもちゃや知育玩具の種類が豊富
  • 清潔なおもちゃの管理
  • 料金に納得のサービス

特に、上記3点を意識しておもちゃのサブスクを選ぶようにしましょう。

おもちゃや知育玩具の種類が豊富

おもちゃや知育玩具はたくさんの種類があります。さらに、月齢によってもおもちゃの種類が変わります。

同じおもちゃや月齢に合わないおもちゃ・知育玩具ではなく、種類が豊富なおもちゃ・知育玩具があるレンタルサービスを選びましょう。

スポンサーリンク

清潔なおもちゃの管理

違うご家庭で使われていたおもちゃ・知育玩具を借りるので、「おもちゃの清潔さ」が気になります。

どうしても気になる方には、私はおもちゃのサブスクはおすすめしません。

しかし、私も長男が産まれた時には、中古品のおもちゃにも抵抗があり、躊躇していましたが、こどもが3人にもなるとそうはいっていられません。

図書館で本を借りることと同じだと考えれば、おもちゃのサブスクへのハードルも下がりました。

また、各レンタルサービス会社ごとに一定の基準を設けて、レンタルされるおもちゃは清潔な状態です。

安心してご利用いただけます。

料金に納得のサービス

おもちゃのサブスクは月額の料金が設定されています。レンタルサービスを選ぶ際に一番重要なのは、月額料金ではないでしょうか。

当然、月額料金が安いレンタルサービスを選びたいところですが、せっかく選んでもサービスに満足できなくては意味がありません。

レンタルサービス会社によっては、お試し価格や返金保証サービスをされているところがあります。

手軽に始めることができるレンタルサービス会社を選ぶことも一つです。

おもちゃのサブスクの3つのメリット

こどもの成長に合ったおもちゃが届く

こどものおもちゃにとって大事なことは対象年齢に合っているかということです。

0歳のおもちゃや知育玩具の目的は、視覚・聴覚・触覚などを刺激し、後の成長の基礎を作ります。しかし、0歳のおもちゃや知育玩具を1歳のこどもに使用させても、本来のおもちゃや知育玩具の目的から外れ、適切な効果は得られません。

サブスクはこどもの年齢にピッタリ合ったおもちゃ・知育玩具が届くので、適切な効果をこどもに与えることができます。

おもちゃに飽きても交換ができる

こどもの興味の移り変わりは早く、おもちゃはすぐに飽きてしまいます。

私の長男も、誕生日にいっしょにおもちゃ屋さんに買いに行って本人が選んだおもちゃなのに、2回しか遊ばなかった経験があります。

そんな悲しい経験もおもちゃのサブスクであれば、交換できますし、逆に、気に入れば延長や買取をすることもできます。

また、試してみたいおもちゃも積極的に取り入れることができるので、こどもの新しい才能を発見することができます。

家がおもちゃでごちゃごちゃしない

保育園や幼稚園でもおもちゃをプレゼントされることがあったり、100均でもおもちゃを手に入れることがあったりと、お家はおもちゃで溢れてきます。

また、兄弟姉妹がいればその数も単純に倍になり、気が付けば使っていないおもちゃで家のスペースを圧迫してきます。

おもちゃ・知育玩具のサブスクではレンタルなので、使い終わったおもちゃは返品できます。中古ショップに売りに行ったり、捨てたりする手間がいらないのも魅力です。

おもちゃのサブスクの3つのデメリット

おもちゃを壊した場合に弁償がある

こどもがおもちゃや知育玩具で遊ぶので、汚したり、壊したりすることがあります。

通常使用していての汚れや破損では、弁償の対象外になります。しかし、おもちゃ毎の禁止行為(水で濡らすなど)によっては、弁償が発生する場合があります。

おもちゃ一つずつで遊ばせたり、親がいっしょに遊んであげて気を付けないといけません。

キャラクターもののおもちゃはない

「アンパンマン」や「ドラえもん」といったキャラクターもののおもちゃの取り扱いはありません。

キャラクターものはお誕生日等のプレゼントとしてこどもに与えて、知育玩具はサブスクといった使い分けをすることをオススメします。

月額の利用料金がかかる

やはり気になるのは金額です。各社平均で月額3,000円ぐらいです。

月3,000円だと正直、高いイメージはあります。一日当たり約100円で15,000円相当のおもちゃや知育玩具で、こどもを遊ばせることができると考えると決して高くないです。

それ以上に、こどもの成長にあったおもちゃや知育玩具が届き、おもちゃで悩むことなくこどもの得意なことを伸ばすことができることに価値はあります。

下記の表でオススメ3社の月額料金を比較しています。

 月額料金(税抜)1日当たり送料交換定価総額
トイサブ!3,340円約111円往復込2ヶ月約15,000円
TOYBOX2,980円
3,280円
約99円
約109円
往復込2ヶ月約15,000円
キッズ・ラボラトリー3,980円
2,340円
約132円
約78円
お届けのみ
+1,000円
毎月
2ヶ月
約15,000円

金額による違いはほとんどありません。しかし、サービス内容が異なりますので、順にご紹介いたします。

おもちゃのサブスクのオススメ3社

トイサブ!

トイサブ!公式HP

日本サブスクリプションビジネス大賞2019でグランプリを受賞し、お客様の継続率が97%という驚異的な数字を誇っているのが、トイサブ!です。

トイサブ!公式ホームページへ

  • おもちゃのプランが豊富
  • きめ細かい清掃と衛生管理
  • 半年・12か月払いで割引がある

約3ヶ月から6歳までのお子さまが利用でき、気に入ったおもちゃは延長や適正価格で買い取りもすることができます。

CMやメディアでも取り上げられているので、ご存知の方も多いかと思います。

↓トイサブ!を利用した感想はこちらの記事で紹介しています。↓

関連記事

トイサブ!はお客様の継続率が97%ある知育玩具の月額定額サービスですが、トイサブ!にもデメリットはあります。 私は6歳の長男と1歳のミックスツインズ(男女双子)の3兄弟を育てる父ですが、少し成長がのんびり屋さんなわが子たちのために、[…]

\お客様の継続率97%/

TOYBOX

TOYBOX公式HP

おもちゃの要望をプランナーとLINEでやり取りができる手軽さと料金体系が2種類あり、1日約99円からレンタルできるのが、TOYBOXです。

TOYBOX公式ホームページへ

  • LINEでプランナーとやり取りができる。
  • 薬剤師がおもちゃの消毒を監修
  • HPのお役立ち情報がスゴイ!!

月額2,980円のスタンダードコースと月額3,280円のプレミアムコースがあります。

プラス300円でプランナーがおもちゃプランを作成した後に、プランの変更を依頼することができます。

LINEでのやり取りができるので、手軽に要望を伝えることができます。

\LINEのレスポンスが早い/

キッズ・ラボラトリー

キッズ・ラボラトリー公式HP

2020年にサービスを開始した一番新しくて、95%のお客様が使用してよかったと回答している会社がキッズ・ラボラトリーです。

キッズ・ラボラトリー公式ホームページへ

  • 1日あたり約78円で利用できる
  • OPEN記念で新品のおもちゃが1点借りられる
  • 30日間全額返金保証がある

月額3,980円の毎月コースと月額2,340円のお試しコース(隔月)があるので、おもちゃのサブスクの中では容易に始めやすいところが魅力です。

また、初回契約に限り、30日間返金保証もあるので安心して試すことができます。

\サブスクをお手軽に始めるなら/

まとめ

おもちゃ・知育玩具のサブスクを選ぶ3つのポイントとオススメ3社を解説しました。

  • おもちゃや知育玩具の種類が豊富
  • 清潔なおもちゃの管理
  • 料金に納得のサービス

以上をご参考にしていただき、お子さまにあったおもちゃ・知育玩具のサブスクを選んでください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク