6歳長男と1歳の男女双子を育てる、元でんき屋の夫とズボラ妻の共同ブログです。

デニムをグラデーションブリーチ加工~男女双子お揃いへの道~

こんにちは!長男+男女双子(次男・長女)の3兄弟の母、makeです。

今年の夏の話ですが、BABY GAP(ベビーギャップ)で運命の1着に出会いました。

めっちゃカワイ~‼グラデーションのやつ好き~!!

例によって、1人で大興奮して購入した後、我に返りました。

長女がこの服を着ている横で、次男はどの服を着ればいいの?

長男のお下がり服で、この服とリンクしそうなのは…。

無い。よし、作ろう!

スポンサーリンク

デニムのパンツを作成!

まずはデニムのグラデーション生地を探しましたが、検索しても出てきません。

ダイソーのデニムのハギレを持っていたので、デニムのズボンを作ることは可能でした。

このデニムハギレは100×50cmで、1枚で80サイズの半ズボンが1着作れました。

こちらは、のんのん3219さんの80cm-90cm簡単パンツの無料型紙 を利用させていただきました。

ぬ、縫い目が…荒いのは今もあまり変わっていませんが。

この時点で残った問題点は2つ

  • ズボンの色が濃すぎる
  • グラデーションになっていない

この2つの問題点を解消しないことには、やっぱりお揃いにならないんですよねー

デニムをブリーチ!

そこで調べたのは、衣服のブリーチを家庭でできるのかということ。

うん、何とかできそう。

失敗しても、原価100円強のパンツなので…部屋着にでもしたらいいし!

ブリーチに必要なもの

色んな方の体験談を拝見し、必要な物を揃えました。

  •  衣料用塩素系漂白剤
  •  桶(おけ)
  •  スカートハンガー

「衣料用塩素系漂白剤」は、白い服専用(色柄物は不可)の物で、「赤ちゃんの衣類にも使用できる」旨の記載があるものを選びます。

ワイドハイターやブライトなど、いわゆる酸素系漂白剤は色柄もののブリーチが可能(染料を脱色しない)になっていますので、デニムをブリーチして白色に近付けるのは難しそうです。

また、キッチンハイターは塩素系漂白剤ですので、衣料ブリーチ可能かもしれませんが、衣料用ブリーチよりも強力に漂白することが可能な分、生地を傷めてしまいやすいかもしれません。

我が家には塩素系漂白剤がなかったため、コーナンの洗剤コーナーで200円弱の衣料用ブリーチ(コーナンのプライベートブランドでした)を買いました。

「桶」は、余り深くなくてズボンを折らずに広げたまま入れられる大きさのものです。

大きすぎると、衣類が浸るのに必要な漂白剤の量が増えてしまいます。

我が家では、靴洗い用の桶を流用しました。

「スカートハンガー」は、ズボンをピシッと広げて全体が浸からないようにしておくために使います。

我が家で実際に使用したものです。
スポンサーリンク

塩素系漂白剤を使う際の注意点

  • 他の洗剤等と混ぜない(有毒ガスが発生する可能性があるため)
  • ゴム手袋、マスク、可能ならメガネやゴーグルを着用する
  • 原液が飛び跳ねた時に、白くなっても構わない服を着るかエプロンなどで防護しておく
  • 必ず、庭やベランダ等の風通しのいい場所、または充分に換気できる場所で行う

ブリーチの手順

  •  塩素系漂白剤の原液のみを桶に注ぐ

    原液を使用するのは、水を混ぜて薄くすると白くなるまで漂白するのに相当時間がかかるからです。
     原液の使用は失明などの恐れがあるため、充分注意を払って行う必要があります。
     また、生地を傷めてしまうので、衣料の寿命が短くなってしまう可能性もありますので、お試しになる方は自己責任で行ってください。
     我が家で今回漂白したデニムパンツは、10回以上洗濯していますが、今のところ生地の手触り等に変化はありません。
  • ハンガーにかけたズボンを漂白したい部分のみ①の原液に浸けて1時間程置く
    白くしたい部分以外に原液が飛ばないようにしないと、想定外の場所に白い模様ができてしまいます。
  • 時々色を確認し、いい色になるまで15分置き位ずつ確認する
    余り長い間浸けすぎると、白く漂白された部分が黄色くなってしまいます。
     今回は、全体の色も少し薄くしたかったので、③の後にズボン全体を10分程度原液に浸けました。
  • いい色になったら桶からズボンを出し、生地に付着した原液をしっかり洗い流す
    しっかりお湯等で洗わないと、洗濯した時に、更に漂白されて色が薄くなってしまいます。
  • 洗濯機の洗い時間を長めに設定して、④のズボンを洗う
    ⑤の後、漂白剤の匂いが少し残りますが、我が家の1歳の子供が着用しても肌に問題等ありませんでした。
     匂いは、洗濯するたびに薄くなっていきます。
つけおき時のイメージ画像です

ブリーチを終えて…

ブリーチ+洗濯直後の画像はこんな感じです。

ギリギリグラデーションになってるかな。

最後に色を少し落としたくて全体的に漂白剤に浸けたので、色がまだらになっています。

原液の量が足りなかったのと、ズボン全体を広げてを浸けられなかったからだと思われます。

これはこれで、味だし。と思うことにしました。

ということで、一目惚れしたジャンパースカートと一緒に双子のワードローブに収まっております。

実は、洗濯のたびに色が抜けてきており、全体的に大分白くなってきているんですよね。

長男に作ったハーフパンツは、裾のブリーチのみ行って全体のブリーチはしていないため、青い部分の色は保たれています。

ところどころ漂白剤が飛んでいますが、味です(笑)

漂白部分を股上までにするとか、左右どちらかだけ漂白しても面白そうかも。

また挑戦してみたいと思います。


ここまでお読みいただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク